日本で労災申請が最も多いのは腰痛

query_builder 2021/01/07
ブログ
企業出張整体サービス GEAR

企業向け出張整体サービスGEARの濱尾です。


日本で労災申請が最も多いのは腰痛 


昔は健康といってもメタボ対策だけだったと思うんですけど、最近はどんどんバリエーションが増えてきています。

腰痛だとかもそうだと思いますし。あとメタボ対策だといっても、1人でやるんじゃなくて、ピアプレッシャーみたいなのを使ってやっていくみたいな。

どんどんサービスバリエーションが増えてきてる印象を受けます。


例えば、普通のデスクワーカーや長距離運転手、とくに運転系や工場系だと、腰痛になったときに労災申請する方がけっこう多いようです。

でも、これがほとんどはねられます。 要するに一般の私傷病と、業務起因性の区別がつきにくいのが腰痛です。

だからみなさん、腰痛というのは、いくら会社で腰痛になったなと思っても、なかなか申請が受け入れられないので、

自分で守るしかない分野だと思っていただければと思います


この記事を読まれているあなたは、

腰痛って運転や工場系のイメージがあるんですけれども、実際問題どっちをイメージされていますか?

1番多いのは、やっぱりデスクワークですね。


というのは、健康経営の研究の一つで、工場労働者、デスクワーカー、あとは介護士、看護師とか。その中で痛みがいろいろあっても、生産性がガクっと下がる人と下がらない人がいます。


その中の大きな特徴が、デスクワーカーが圧倒的にポンってプレゼンティズムが出るというデータが得られました。

前屈みの姿勢は、脊柱にスイカ1個分の圧力をかける 一般的には体を動かす業種のほうが、腰痛だと生産性が下がりそうなんだけれども、データで見たら、実はデスクワークをしている人の生産性が下がるということがわかリマした。


確かに今現在、いわゆるラップトップパソコンを使ってる方が8割ぐらいだと思うんですけど。だいたいこう前屈みになりますね。そうすると30度だったら、スイカを1個ぶら下げるぐらいの圧が脊柱にかかっているといいます。



NEW

  • 日本で労災申請が最も多いのは腰痛

    query_builder 2021/01/07
  • 【大阪 マッサージ】

    query_builder 2020/10/07
  • 【企業出張マッサージ】

    query_builder 2020/11/21
  • 【福利厚生 企業マッサージ】在宅勤務中でもできる、こころの健康を保つための「自分で体調を整え る方...

    query_builder 2020/11/14
  • 【福利厚生 マッサージ】

    query_builder 2020/11/07

CATEGORY

ARCHIVE